幹細胞で肌が若返る秘訣|乾燥肌の方にとっては効果絶大|植物性の幹細胞化粧品

乾燥肌の方にとっては効果絶大|植物性の幹細胞化粧品

幹細胞で肌が若返る秘訣

婦人

幹細胞とは

人間は、様々な細胞の分裂と再生によって正常さを保ち作られています。それは、皮膚も同じです。人の皮膚には、表面に出ている表皮幹細胞と、肌の奥で表皮をもちあげる真皮幹細胞の2種類の幹細胞が存在します。例えば、表皮幹細胞でシミやしわの修復を行い、真皮幹細胞でハリや弾力を維持させているのです。幹細胞は、細胞を増やし活性化させる働きがあります。ノーベル賞の受賞で話題になったiPS細胞もこの一つで、再生医療にも使われています。加齢と共に増えるシミやしわなどの肌の老化は、こういった幹細胞が減少する事によって、引き起こされています。つまりは、幹細胞が機能する限りは、紫外線などのダメージを受けても、修復と再生を繰り返していつまでも綺麗な肌を保ち続けていけるのです。そこで、いま注目されているのが幹細胞化粧品という訳です。

成分の違いと安全性

肌の老化を防ぐためには、幹細胞を増やして活性化させることが大切です。幹細胞化粧品は、幹細胞に直接働きかけることで、肌を若返えらせます。しかしながら、現段階では幹細胞化粧品に対する厳密な定義はないため、その成分は3種類に分けられます。一つは、動物由来の成分のものです。主には、人の幹細胞と似ている羊プラセンタから作られています。安全で馴染みやすい成分とはいえ、気になるのはその動物がもっているウィルスやアレルギーという所でしょう。二つ目は、植物由来の成分のものです。中でも、キセキのりんごと呼ばれるものが代表的です。自然素材のものは安全で、保湿効果も高いと言われています。3つ目は、ヒト由来成分のものです。主に脂肪から抽出されていますが、元々人がもっているものであるため、馴染みやすくアレルギーや副作用の心配がありません。このように、幹細胞化粧品といっても成分が違うので、よく確認してより安全なものを選ぶことをおすすめします。